2018年2月号<化粧桁>

201802-1201802-2201802-3201802-4

 いろいろな不祥事に揺れた大相撲ですが、初場所において平幕栃ノ心が初優勝を遂げ

新しい風が吹き込まれました。膝の大怪我により4場所連続休場を余儀なくされ、幕下

まで落ちてから不屈の闘志で回復し掴んだ初優勝に心を打たれるものがありました。

先月30日~31日に東京ビッグサイトで『WOODコレクションモクコレ2018』が開

催され、私が所属する東京木材市場買方組合・東友会(若手メンバ-)が東京都のブ-

スに新しい企画を持って出展し、多くの来場者から好評を得ることが出来ました。

 私達木材業界も従来の基盤を大切にしながら、時には辛抱強く、新しいことにチャレ

ンジしなくてはいけないと感じたところです。

 さて、今月はプレ-ナ-加工込みの化粧桁を取り上げさせていただきました。

内容は次のとおりです。

 

                 記

  平柾 3方無節 仕上り寸法  4,000×270×120   7丁

                 2,500×270×120   1丁

                 2,500×180×105  11丁

                 1,800×180×105  17丁

  プレ-ナ-加工付きなので粗木のみの納品時よりは神経を使いました。

コメントは受け付けていません。