2018年3月号<柱包み板>

201803-1201803-2201803-3201803-4

 金メダル、銀メダル、胴メダルを取ったアスリ-トもいれば、惜しくもメダルに届か

なくても自分に納得したアスリ-トもいれば、4年後のメダルに向けて心を新たにした

アスリ-トもいます。平昌オリンピックに出場したそのアスリ-ト達は、多くの感動を

与えてくれました。ここに改めてアスリ-ト全員に感謝の気持ちを捧げたいと思います。

 『感動をありがとう。そしてご苦労さまでした』

 さて、今月は柱包み板を取り上げさせていただきました。内容は次のとおりです。

 

                 記

         平柾 2方無節   4,000×360×35  6枚

 

 末口120cmの丸太を4ツ割りにしておき、その丸太の一部から製材をしました。

色揃いになっております。

 

コメントは受け付けていません。