2021年5月号<羽目板>

202105-1202105-2202105-3202105-4202105-5202105-6202105-7202105-8202105-9

 

 大相撲3月場所で関脇・照ノ富士が優勝を遂げ、場所後、大関に再昇進いたしまし

た。怪我と病気で番付を落とし、人にはわからないであろう不屈の闘志と精神力と稽

古で元の地位まで戻ってきました。

 競泳ではオリンピック出場をかけた大会が開催され、個人種目では無理でしたが、

リレ-種目出場に池江璃花子がそのキップを掴み取りました。彼女もオリンピック出

場という夢に向かって病を乗り越えた1人です。

 2人にはこれからも強い気持ちを持ち、それぞれ頂上(てっぺん)を取って欲しい

願っております。それが多くの人たちの励みにもなると思いますので。

 さて、今月は羽目板を取り上げさせていただきました。内容は次の通りです。

      赤・柾目・無節  4,500×100×10  40枚

             (働き寸法)

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。